補助金の基礎知識

こんにちは。今回は補助金という制度について説明していきます。


目次

補助金とは

補助金を申請するにあたって

補助金の申請にあたってのポイント

まとめ


補助金とは

補助金とは、国や地方自治体等が政策目的を実現するために、その目標に沿った事業を行う事業者へ交付されるお金です。

また借入や融資とは異なり、返済が原則的には不要であるため、ぜひ上手に活用したい制度ではあります。

しかしながら各補助金に関する予算は決まっているので、審査があり、申請しても交付されないこともあります。また申し込みの期限も決まっていることから、期限内に資料等をそろえる必要がある等、その申請にあたっては必要な準備があります。


補助金を申請するにあたって

前述の通り返済が不要なお金であるため、補助対象となるような事業を行うにあたってはぜひ各種補助金を活用したいところではありますが、申請しようと思う補助金の内容についてしっかりと把握して申し込む必要があります。どのような事業が補助対象となるかは各補助金の「公募要領」やHPに記載されているので、申請前にしっかりと調べておくとよいでしょう。


補助金の申請にあたってのポイント

補助金は、特定の用途や事業のための経費について申請し、国や地方自治体から交付されるお金です。ですので、補助金については、補助対象者に該当していたとしても、審査を通過しないと補助金を受け取ることができません。

とくに申請にあたっては、補助対象となる事業について、経営計画の作成等が必要となり、審査上も重要な検討事項となっています。


・補助対象者か、補助対象事業を行うか

補助対象者や補助対象事業は各補助金できまっているので、申込前に必ず確認しましょう。


・経営計画

経営計画の内容については、申込をする補助金に沿ったものであるか等が重要となってきます。

また交付決定後も、その内容通りに事業を行っているか、どのような経費を支払ったか等を報告する必要があるので、しっかりとした計画を作っておく必要があります。


・提出資料の整理

また提出資料として、経営計画書以外にも、様々な資料を用意しておく必要があります。

申請時には経営計画書等の資料を提出する必要があり、また交付決定後には、実際に支払った経費に掛かる領収書等を提出する必要があります。


・交付のタイミング

審査を通り、交付が決定した場合も、交付は基本的に後払いになりますので交付決定後すぐにお金がもらえるわけではありません。

補助対象事業を行い、そこでかかった経費に掛かる領収書等を提出し、補助対象経費の額が決定されることとなります。


・公募要領

上記にて補助金の申請にあたって大事なポイントを挙げました。これらの内容は各補助金の公募要領等にすべて記載がある内容ですので、補助金の申請に際してはご自身で一度調べてみるか、専門家へ問い合わせるとよいかと思います。


まとめ

今回は補助金制度の概要についてご紹介しました。

・補助金は国等が政策目的で交付するもの

・基本的に返済は不要

・補助対象者が決まっていて、誰でももらえるわけではない。

・申請時には公募要領をよく読んで、経営計画等の書類を用意する必要がある。

・基本的には後払い


次回以降は、おすすめの補助金について説明していこうと思います。