経営者必見!利益が出ているのにお金が貯まらない…、原因を税理士が徹底解説!

スタートアップ企業・フリーランス支援会計士・税理士の古谷です。

多くの経営者の方の相談に乗っていると「先生、うちの会社利益が出ているのに、お金が貯まっていかないんです。。」という相談を受けることがよくあります。確かに利益が出ている会社はどんどんお金が貯まっていくと普通は思いますよね。しかし実はそうではありません。その理由について解説していきます。


根本的な原因とは?

利益とは収益から費用(経費)を差し引いた残りの額のことを言います。利益が出ているのにお金が貯まらない会社の多くの原因は経費にならない支払いが発生している、これに尽きます。では具体的にどのようなケースがあるのでしょうか?


借入の返済額が大きい

一番よくあるケースは借入の返済額が大きい場合です。借入の返済は経費にはならないため、利益には影響しません。しかし毎月現金預金は減っていきます。借入額が大きい会社であればあるほど毎月の返済額は大きくなっていきます。このような会社では利益が出ていたとしても借入の返済額の負担によってお金が減っていくという現象が起きます。


大きな設備投資や固定資産の取得を行った

2つ目は大きな設備投資や固定資産の取得を行った場合です。例えば1,000万円の車を買ったとしましょう。勿論、車を買ったことでお金は出ていくことになります。一方で会計上、1,000万円がそのまま経費になるかと言われるとそうではありません。会計上は減価償却といって一定期間に応じて少しづつ経費になっていきます。これによって支払は発生しているのに経費は長期間で少しずつになるため、利益がでているのにお金がないという状況が発生してしまうのです。特に一括で購入代金を支払った場合などはこの事象が起きやすくなります。


在庫が多く残っている

3つ目は在庫が残っている場合です。在庫の仕入代金の支払はもちろん購入時に発生します。しかし在庫については売れない限り経費に入ることはありません。これにより例えば決算期末付近で多額の仕入れを行い、そのほとんどが期末に売れずに残っている場合などはお金がないのに利益が出るという状況が起こり得ます。

事業に関係のないプライベートの出費が多い

これは個人事業主や一人会社によくあるケースですが、プライベートの出費が多いというパターンです。プライベートの出費はもちろん経費になりません。そのため利益がいくら出ていようがそれを上回るプライベートの出費があればお金は貯まりません。もし個人事業主の方でなぜ利益が出ているのにお金が貯まらないのだろうと疑問な方は一度ご自身の出費を精査してみましょう。



最後に

今回は利益が出ているのにお金が貯まらない主要な原因を解説していきました。会計や税務については重要だと意識する経営者の方は多いですが、財務面については意外と軽視してしまう方が多いです。財務面をしっかりと管理していないと黒字倒産が起こってしまう場合もあります。

サミット会計事務所では会計・税務についてはもちろん、財務面においても適切なアドバイスを行っております。資金繰りについてもアドバイスをしてほしいという方はぜひ一度サミット会計事務所までお問い合わせください!